Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

MAIL my Seattle Life

大切な家族や友だち、そして自分へ、海を越え、時を越え、シアトルライフを綴ります

5/31 * ドラムレッスン最終日…

Diary

今月から通い始めたドラムレッスン。
あれよあれよと時間はあっという間に過ぎ去り、
ついに8回目、最後のレッスンを迎えてしまいました。

 

レッスンではあるテキストを使って学び、練習していたのだけれど、
1か月しか通えないことが分かっていたからか、
「上手くなるにはここでplayするだけじゃなく、
 家でも練習することが重要だよ」の一言とともに、
先生はその日に教えてくれたページを毎回コピーし渡してくれていました。

f:id:tmikky:20160604131538j:plain
最後には、こ~んなたくさんの枚数に!


そのため毎回、家できちんとおさらいをして、レッスンへ。

レッスンはいつも前回のおさらいから始まり、
その後、テキストの新しいページを学習&練習。
ここまでは練習用のパッドで行い、
その後、残り時間に応じて本物のドラムでも練習させてくれました。


私自身、もともと楽譜の読み方も危うく、
テキストはもちろん英語とあって
最初のレッスンからほぼ新しいことの嵐!

そんな中、ドラムの技術的な面で新しく学んだことと言うと、
いろいろなStroke RollFramRuffの3つ。

いずれもまだまだ上手には出来ませんが、
毎回本当に楽しかったし、
ここで学んだことを体に覚え込ませつつ、
日本でもまた続けていきたいな~と思ったのでした。
そしてマンツーマンレッスンってやっぱりいいな、とも実感。

そんな思いを伝えると、先生も
「僕も君が日本でもドラムを続けることを願ってるよ」
と言ってくれ、さらに
「体に覚え込まれるのは難しいけれど、君は上達するのが確実に早いよ。
 他の人も君のようにできる訳ではないからね」
と、何とも嬉しくなるお言葉まで!
やる気にさらに火が付いたのでした。

レッスンの終わりには、先生にお願いして記念撮影。

f:id:tmikky:20160604130953j:plain

Thank you so much, Dennis!

デニス先生は私が「Thank you」と言うと、いつも「My pleasure!」と返してくれました
すでに懐かしいな~

こうしてまたひとつ、
シアトルライフのいい想い出ができたのでした。


余談…

ある日のレッスン帰り、
“いろんな人のサインも飾ってあるんだな~”とショップ内を眺めていた時、
なんと、このお方の直筆サインを発見!

f:id:tmikky:20160604131127j:plain むむむ…!?

f:id:tmikky:20160604131157j:plain
リンゴ・スター! わ~ぉ