Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

MAIL my Seattle Life

大切な家族や友だち、そして自分へ、海を越え、時を越え、シアトルライフを綴ります

5/28 * ノースカスケード&パールス・ロードトリップ Day1

5/30の月曜、アメリカは
“メモリアル・ディ”という名の祝日ということで、
旦那ちゃんもめずらしく3連休!
アメリカって日本のように祝日はあまりないもので…
帰国も迫っているし、ということで、今日からの3日間を利用し
ワシントン州の大自然を求めてロードトリップを敢行しました!

 

絶景に出合える最終目的地・パールス
モンタナ州・アイダホ州と近接する州境。
ほぼワシントン州を横断するようなルートで、
西から東へ、ひたすら走り続けて約5時間!となかなかの距離。
ずーっと走り続けるのは退屈&大変なので、
いろいろと立ち寄りながら向かうことにしました。

まずは少し北上し、近くを通るから、とこちらへ立ち寄り。
「アメリカ椿大神社」

f:id:tmikky:20160608021357j:plain
三重の椿大神社を本宮とするアメリカ分社。主祭神は猿田彦大神

 

近くにはさわさわと静かに流れる小川もあって、
この一角だけは本当にまるで日本にいるかのよう!

f:id:tmikky:20160608021748j:plain


小雨がぱらついていてちょっと残念だったけれど、
今思えばそのおかげでより風情があったような…?

粛々とご参拝した後は、いよいよ東へ向けてドライブ~~。

 


途中、ガイドブックに載っていて気になった
「カスケーディアン・ファーム・スタンド」へ。

f:id:tmikky:20160608022205j:plain
店内の様子


お目当ては、本で見かけた“オーガニックの手作りアイスクリーム”
少し肌寒かったので買おうか悩んだけれど、
せっかく来たし!とブルーベリーラズベリーチョコチップ
ダブルスクープを注文。
さらに焼き立てブルーベリーマフィンも衝動買い・笑

f:id:tmikky:20160608022431j:plain
これまたボリューミ~

どちらも果肉がたっぷり入って瑞々しい味わい!
買ってよかったね~と2人でパクつきました。

 

f:id:tmikky:20160608022641j:plain“スタンド”と言うだけあって、とっても小さなお店!近くには美しい庭もありました

 


その後は再び、東へ。
今回、私たちが選んだ道は“カスケード・ループ”という
カスケード連山をめぐるドライブルートの一部だったため、
ここからは見どころがそこかしこに♪

展望スポットとしての名称は付いていませんが…

f:id:tmikky:20160608022922j:plain轟音を響かせながら荒々しく流れる川!思わずクルマを停めてしばし観賞…

 

f:id:tmikky:20160608023002j:plain川?湖?の写真は車窓から撮影

などなど、自然を感じる風景が続々。


そして辿りついたひとつ目の名所・ディアブロ湖展望台

f:id:tmikky:20160608023320j:plainあいにくの曇り空がここでは幻想的にすら感じられ、素敵な雰囲気

f:id:tmikky:20160608023442j:plain
写真では分かりづらいけれど、ターコイズブルーが美しい湖でした

 

ちなみにこの湖は、
お次に立ち寄り予定のロス湖も含め
1924年よりシアトルエリアに電力を届けているのだとか…

そんなわけで、ロス湖
こちらにも展望台があるはずなのに、
私はなぜかその場所を見つけられず…
仕方がないので次の目的地、レイニー峠へ。
しかしこちらでも見晴らしの良さそうな場所は見つけられず。

f:id:tmikky:20160608023826j:plain
ピクニックエリアはあったけれど…。でも、ここのドコに!?

f:id:tmikky:20160608023913j:plain f:id:tmikky:20160608024017j:plain
思いがけず大量の雪を見かけ、標高の高い場所まで来たんだな~とは実感


府に落ちないまま、
予定していたカスケードループ最後の名所、
ワシントン峠展望台へ…。

しかし!近くまで来たところで、
こちらは何と積雪により展望台までの道路が通行止め…泣
見られるはずだった荒々しい山々の連なりは間近には確認できたけれど

f:id:tmikky:20160608024221j:plain

f:id:tmikky:20160608024223j:plain


少し残念な結果になってしまったのでした。


しかも、「展望台の場所の目印とか本に書いてないの?」と

旦那ちゃんに再三聞かれ、その度に「書いてないんだよ~」と言っていた私。
最後には旦那ちゃん、ガイドブックを自分の目で見て、衝撃的な「書いてあるやん」の一言。
私、すっかり見落としていたのでした。
自分に呆れるやら情けないやら、申し訳ないやら…ひどく落ち込んでしまったのでした↓↓

 


まぁ、でも、気を取り直して!
お次はお昼ごはんがてら、ウィンスロップという町へ~。

f:id:tmikky:20160608024646j:plain
到着!と思いきや、ここに来てなぜか大渋滞。クルマがまったく動かず


ここは1972年の
カスケードループ・シーニック・ハイウェイ(WA-20)の開通に伴い、
観光客が立ち寄りたくなるような西部劇風に造り替えられた街。

その経緯に“なんだかな~”と内心微妙な思いを感じ、
正直あまり期待していなかった場所だったのだけれど…
いざ街を歩いてみると、楽しいお店がいっぱい!

ふらふらとウィンドウショッピングをする中で、
鉄製のキーフック、ポテトカッター、加えてまさかのハンモックを衝動買い!

家のどこに設置できるかも分からないのに、
時にショップスタッフさんから配色のアドバイスを聞きつつ、
ロープと木の色、布とクッションの柄を2人でワイワイ品定め。
完全に予定外の買い物だったけれど、めでたく購入。
大満足でお店を後にしたのでした。

f:id:tmikky:20160608025130j:plain
クッションを選べず2個購入したことで、突然の大荷物!

でも密かに“ハンモックのある部屋”に憧れていた私、本当に嬉しかった~
帰国後の楽しみが増えました
ぼかしちゃったけれど、旦那ちゃんも満足げな表情です


その後、改めて町の雰囲気を堪能し…

f:id:tmikky:20160608030603j:plain

f:id:tmikky:20160608030425j:plain f:id:tmikky:20160608030207j:plain


無事お昼ご飯も購入。
さぁウィンスロップを出発しよう、とクルマへ戻る途中、
吹きガラスの制作実演に遭遇!

f:id:tmikky:20160608025333j:plain
思わず見入ること数分…あっという間に出来上がっていました!


記念にひとつ買って帰りたいな~とお店に入ってみたけれど、
ここは写真に残すのみにすることに。

f:id:tmikky:20160608025447j:plain

f:id:tmikky:20160608025656j:plain

f:id:tmikky:20160608025759j:plainあまり衝動買いしすぎるのもな~と自制。でもキレイだった~


最後はワンコに見送られ、ウィンスロップを後にしたのでした。

f:id:tmikky:20160608030333j:plain f:id:tmikky:20160608030708j:plain
バイバーイ、楽しかった!



さて。この時、時刻は午後2時半頃。
そしてここから、ひとつ目の大目的地に向けて
ひたすらのドライブがスタート。予定では約5時間の行程です!

f:id:tmikky:20160608031732j:plain

f:id:tmikky:20160608031644j:plain

しばらくすると、地平線らしきものが分かるほど広々とした場所に…!

f:id:tmikky:20160608031954j:plainお天気は相変わらずの曇り空だけど、あまりの広々感に、一旦停車!

f:id:tmikky:20160608032159j:plain

f:id:tmikky:20160608032314j:plain記念に一枚

f:id:tmikky:20160608032401j:plain
広がる青々としたグリーン。近寄ってみると…

f:id:tmikky:20160608032422j:plain麦でした◎

f:id:tmikky:20160610233011j:plain
さらに、切り立った岩山のそばを走り抜け…

f:id:tmikky:20160610233420j:plain
気付けば、ひらすら平地の続く場所に。ここでも一旦停車

f:id:tmikky:20160610233512j:plain遠~くまで、な~んにもありません

途中、オセロの町に立ち寄り夕ご飯を食べて、

偶然見つけた“チャイニーズアメリカン”のレストランへ。
中華とアメリカンってどんな料理?と思ったけれど、
中華のほかにハンバーガーやフレンチフライも提供しているということのようだった…

ふたたび東へ、あともう少し!

 

通りすがり、野生のバッファロー!?
と思われる生き物を見かけ、戻り確認したところ…

f:id:tmikky:20160610234253j:plain牛だった…しかも突然の訪問者に牛たち、戦慄…!

f:id:tmikky:20160610234643j:plain近付くとみーんな逃げちゃって遥か彼方に。そして視線は外さない!緊迫しておりました

f:id:tmikky:20160610234744j:plain
なだらかな丘の風景が広がってきたところで…


本日の大目的地・パールス滝に到着!

f:id:tmikky:20160610235532j:plainこの壮大さはパノラマでないと写しきれず!


パールス滝は、砂漠のど真ん中にある巨大な滝。
氷河によって形成されたらしく、
その大きさも相まってとても珍しいものなのだとか
2014年にはワシントン州が州の滝として認定!

f:id:tmikky:20160611000356j:plain

f:id:tmikky:20160611000113j:plain左上にチラリと見えるかな?人がゴマ粒のような大きさ!

 

f:id:tmikky:20160611000644j:plain滝もさることながら、この地形も圧倒されるもので。写真右にはまたもゴマ粒のような人!

f:id:tmikky:20160611000537j:plain人がゴマ粒のようだった場所の近くから撮った1枚。壮大すぎてもはや距離感不明…
ちっちゃなグランドキャニオンみたいでした(表現おかしいけど・笑)

 

公式サイトでは夕暮れ時がベストタイムと書かれていたので
そのタイミングを狙って夜8時頃に到着するよう向かったのだけれど、
見る限り、夕焼けに赤く染まるとか、色が変わるとか、
そういった変化は見られる様子はなく。

f:id:tmikky:20160611000809j:plainまぁ少し雰囲気はあった…かな!?



豪快な滝と&ダイナミックな大地の裂け目を
たっぷり堪能したところで、本日のホテルへ。


到着が夜11時頃になり宿では寝るだけと分かっていたので、
今回は立地と値段を最優先に予約。
おかげで日本円にして2人でたった6300円!しかも簡単な朝食付き
そんな安宿でもバス・トイレ、
冷蔵庫や電子レンジも付いていて、十分快適。
ボリューミーで食べきれず持ち帰っていた夕ご飯の中華で
ちょっとだけ晩酌し、ロードトリップ1日目を締めくくったのでした◎