Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

MAIL my Seattle Life

大切な家族や友だち、そして自分へ、海を越え、時を越え、シアトルライフを綴ります

9/5 * グランドサークルetc… 6日間の旅 Day2-2

この旅の計画中、
初めてその場所を知り、写真を見た時、
どうしても“行ってみたい!”と思った場所・アンテロープキャニオン
個人的にはこの夏旅のハイライト的スポットで、
その時が迫るにつれ、ワクワクがどんどん増しておりました。

アンテロープキャニオンにはアッパーロウワーがあり、
どちらもナバホ族のツアーに参加して見学するスタイル。
私たちは旅行出発前に予約し、1日で両方とも回るプランを立てていました。

ユタ州→アリゾナ州の1時間の時差のおかげで、
ブライスキャニオンから3時間のドライブながら
出発から2時間後の12時頃には目的のページという町に到着。

f:id:tmikky:20150915022451j:plain


まずは13時から、アッパーアンテロープへ!

f:id:tmikky:20150915023039j:plain f:id:tmikky:20150915022652j:plain
ガタンゴトン…このジープに乗って見学ポイントへ向かいました
いやいや、“ガァァッタンゴォットン!”だったよ! by旦那ちゃん

 

f:id:tmikky:20150915023246j:plain 到着!

いっぱい写真を撮りました~◎

f:id:tmikky:20150915024613j:plain f:id:tmikky:20150915025037j:plain

f:id:tmikky:20150915025519j:plain

f:id:tmikky:20150915030349j:plain f:id:tmikky:20150915025302j:plain


案内してくれたガイドのベティ・マリーさん。
スリリングなジープの運転で私たちを楽しませてくれたり、
キャニオン内では急ぎながらも何度か私たち2人の写真を撮ってくれたり…
よいガイドさんに当たったなぁと思います。


クルマを移動させて、
お次は15時40分から、ロウワーアンテロープへ!
こちらは歩いて見学ポイントへ

f:id:tmikky:20150915031013j:plain

f:id:tmikky:20150915031120j:plain f:id:tmikky:20150915031204j:plain
地下に潜るように階段を降りて…中を見学!


途中、カメラのバッテリーが無くなりながらも
だましだましで写真を撮影。

f:id:tmikky:20150915031419j:plain

f:id:tmikky:20150915031623j:plain f:id:tmikky:20150915032340j:plain


見学が終わって振り返ると、
私たちが出てきた場所は地表の狭間!

f:id:tmikky:20150915032837j:plain ひょえ~


アッパー、ロウワーともに想像以上に人が多く、
写真で見ていたような神秘的な雰囲気はあまり感じられなかったけれど、
指で触れると少しずつ崩れていってしまいそうなほど
繊細で細かな砂の一粒一粒が、
こんなにも壮大で滑らかな曲線を形作っていると思うと
圧倒される以外の何物でもなく。。

特にロウワーは人一人が通るのがやっとの狭さで
他の人の気配を感じにくいこともあって、その凄さや感動が大きかった!
疲れを感じ始めていた私たちだけど、純粋に楽しむこともできたし。
アッパーは人が多すぎてあんまりだったもので。。

 


そんなこんなで17時頃にロウワーアンテロープを後にし、
お次はページの少し西側に位置するホースシューベンドへ。

西日が強くてとにかく眩しかったけれど、
腰が抜けそうになりながら、旦那ちゃんに心配かけながら、
断崖絶壁ギリギリから見下ろすコロラド川でスリルを堪能。

f:id:tmikky:20150915033742j:plain f:id:tmikky:20150915033845j:plain
不思議なカタチ。本当に馬蹄みたい。でもって人のちっちゃいこと!

 


その後は明日の目的地、
グランドキャニオン近くまで再びドライブ。
途中、フラッグスタッフのレストランで夕ご飯を食べた後、

f:id:tmikky:20150915034317j:plain f:id:tmikky:20150915034313j:plain
私はフィレ肉のベーコン巻。旦那ちゃんのお肉は驚きのデカさ!


無事ベルモントの宿にチェックイン。
明日も早い!ということで、旦那ちゃんは文字通りコテンと就寝。
私もものの数分で寝入ったのでした。