Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

MAIL my Seattle Life

大切な家族や友だち、そして自分へ、海を越え、時を越え、シアトルライフを綴ります

9/3 * シアトル美術館とブルワリー

Diary Eating Out

第1木曜日となる本日は、
シアトル美術館のFREE DAY!
展示期間の長い常設展的なエリアは無料、
特別展も割引料金で入館できるとのことだったので、
ひとりアート鑑賞に出かけてきました。

 特別展は「DISGUISE」。
内容は現代におけるDisguiseとMASKの役割をテーマに、
アフリカのアーティスト達が自由に創作した
コンテンポラリーアートとのこと。
なんだか興味深いテーマだなぁと思い、
数日後に控えた旅のプランニングで忙しかったこの頃ですが、
9/7(月)終了の特別展だったこともあり、FREE DAYの本日、決行!


バスに乗ってダウンタウンに到着、
程なく美術館発見。

f:id:tmikky:20150905054738j:plain 窓にMASK

f:id:tmikky:20150905054831j:plain
シアトル美術館のトレードマーク「ハンマーマン」


中に入ると、
チケットカウンターのある2Fフロアの天井で
こーんなド迫力のオブジェがお出迎え。

f:id:tmikky:20150905055315j:plain
クルマが!クルマが!大爆発!?


特別展のチケットも無事購入。
今は一応“学生”でもあるので、
大人ではなく学生料金の6ドルで入れました^^

今日に限っては常設展的エリアはさらりと鑑賞。
しかしアフリカ、中国の古代アートから
ヨーロッパの絵画、彫刻、そして現代アートまで
かなり充実のコレクション!

そして驚いたのが、
一部の展示は自分の携帯電話を使って
アーティストによるちょっとしたガイドが聴けたこと!
日本でもこんなサービス、あったらいいのになぁ。
また、例外はあるものの
ほぼすべてのアートがカメラ撮影OKでした。
ということで、チラリ。

f:id:tmikky:20150905055426j:plain f:id:tmikky:20150905055634j:plain

f:id:tmikky:20150905055804j:plain f:id:tmikky:20150905055929j:plain


その後、特別展「DISGUISE」へ。
現代アートとあって、
映像や音声による表現がほとんどでした。
そして、理解しにくいものが多数。。
説明も英語なのでなおさら作品の意図を汲み取れず。
でも興味深い。そんな感じでした。

そんな中、ユニークかつ分かりやすく、
一番楽しめたのがパフォーマンスアート!

f:id:tmikky:20150905060549j:plain

f:id:tmikky:20150905060603j:plain

自らが創作したアートを舞台に、
その世界感を体で表現してくれました。
約30分のパフォーマンス。

f:id:tmikky:20150905060118j:plain
どこからともなく静かに現れ、

静かにその場から去っていきました…

そして特別展の締めくくり。

f:id:tmikky:20150905060751j:plain
鏡を使ってMASKを被れるようになっていたので
パチリ


そんなこんなで初シアトル美術館を満喫!

 


夜は旦那ちゃんのお仕事仲間さんたちと一緒に
これまた私は初!のブルワリーへ。

f:id:tmikky:20150905060908j:plain
BLACK RAVEN

f:id:tmikky:20150905061007j:plain
いい雰囲気の店内

注文できるものは
もちろんビールなどのアルコールと
ピーナッツのみ(だと思われた…)。
食べ物は店の駐車場にいたフードカー?で購入するか、
お店が提携しているらしきデリバリーを注文するかの
いずれかで、珍しいスタイル。
しかも、割と飲んで食べたのに、
1人当たり約20ドルという安さに驚き!
楽しげな飲み比べもあったので、
再訪したいねと旦那ちゃんと意気投合。

心地よく酔っ払って、帰宅。
すぐさま旅のプランニング&準備再開!

明日から、少し遅い夏休みということで
カリフォルニア州へ旅立ちます!

ただいま最初の目的地に向かう道中、
広大な風景を横目に助手席にてブログを書いております~。

それでは…行ってきます!