Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

MAIL my Seattle Life

大切な家族や友だち、そして自分へ、海を越え、時を越え、シアトルライフを綴ります

7/15 * MIZARU, IWAZARU, KIKAZARU.

Diary

先週は楽しみながら通っていたESL。
今週に入り、やっぱり英語を話せない進歩のない日々に
少々凹み始めていましたが、
今日はちょっと前向きになれる嬉しい出来事がありました。

それはプレゼンテーションでのこと。
先生が用意したシンボルorマークから各自ひとつを選び、
それらが示すValues(=意味、価値観)を考え、
意見をまとめ、プレゼンテーションを行う、というスタディがありました。

ちなみに私が選んだのは、
見ざる、言わざる、聞かざる」の三匹の猿の絵。

これは宿題として2日前、月曜に出されたもので、
昨日がその発表の日だったのですが、
私の番までは回ってこず。今日の水曜に持ち越されていました。

スピーキングの弱さを痛感しはじめていた私は
宿題が出された月曜からとにかく不安&緊張。
さらに予想外に不安&緊張を引き延ばされてしまった私は、
昨日、アパートへ帰ってきてから
意見を見直してみたり、鏡の前でプレゼン練習をしてみたり、
旦那ちゃんが帰ってきてからは旦那ちゃんにプレゼンしてみたり、
それを踏まえて内容をちょっと変えてみたりと、
かなりの時間を費やしていました。

そして迎えた本日。個人的に先生に言われた
口を大きく開けて喋りましょう」だけは確実にと意識し、
出来るだけ落ち着いて、みんなの顔を見ながら、
はっきり、くっきり、笑顔で!がんばってみました。

結果、一応なんとか私の言いたかったことは伝わったようで。
日本での意味とともに、日本語の意味
(この文脈の“ざる”には2つの意味があるなど)も
説明したら、みなさんいろいろと興味を持ってくれました。

即興で書いた猿の絵も笑ってもらえて、
中にはホワイトボードの写真を撮る人もいたりと、
みんなに楽しんでもらえたことが、とにかく嬉しく。

f:id:tmikky:20150716165843j:plain


最初はとかくストレスフルなプレゼンテーションでしたが、
終わってみれば、
消極的になりつつあった自分の気持ちを切り替える、
よいきっかけになった気がするのでした。