Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

MAIL my Seattle Life

大切な家族や友だち、そして自分へ、海を越え、時を越え、シアトルライフを綴ります

7/4 * 特別なFireworks!

今日はアメリカの独立記念日
お祝いの日とあって、お店の多くがcloseします。
まったく縁もゆかりもない私たちですが、
“郷にいては郷に従え”とばかりに
正直なところ重かった腰を上げ、あるイベントへ。
これがとっても良かった!

興奮をお伝えする前にまず、腰が重かった理由を…。
実は、昨日の残念が今日も続いていたのです。
諦めきれなかった私たちは昨晩、
Mukilteoでカニの仕掛けを投げ込んで帰宅。
それを引き上げるべく、本日も早朝、朝5時にMukelteoへ向かいました。
私もカニは抜群に美味しかったので、
見たい!食べたい!!と旦那ちゃんに同行。
しかし、今日はカニはおろか、仕掛けそのものがどこへやら~。
誰かに盗られてしまったようでした。
ただ、こればっかりは仕方ない。私たちも用心しなさすぎた。
とまたも泣く泣く帰宅。
するや否や、ドッと疲れに襲われた私はそのまま爆睡。
目覚める頃には昼が近づいていました。

たっぷり寝たのに、またはそのせいか、起きた時の私は実に気だるく絶不調。
昼を外食にし、家でくつろぐも、気だるさはなくならず。
残念が続いていたし、人混みの予感もあって出かける気になりませんでしたが
“年に一度の大イベント、行かなかったら後悔する”
夕方3時頃、ようやく行動を開始したのでした。

途中で水陸両用車による市内観光ツアーである
Ride the Ducks of seattle」、通称ダックスに遭遇f:id:tmikky:20150711132211j:plain

 

そうして着いたのが、こちら!
Seafair Summer FourthGas Workes Park

12時から始まっていたこのイベントでは
パーク内にキッズ向けのプレイランド、ライブステージ、
食べ物を売る屋台やビアガーデンなどがあり、大勢の人で賑わっていました。
それでいて人混みはひどくなく、活気が逆に心地よい感じ。

f:id:tmikky:20150711133038j:plain
ライブステージ。盛り上がっていました!


私たちはビアガーデンに腰を落ち着け、
持参した今日の昼の残りやピーナッツ、
屋台で買った“ハワイアン焼きそば”とともにビールで乾杯!

f:id:tmikky:20150711132517j:plain f:id:tmikky:20150711132818j:plain
写真にはいませんが、お客さんの中にはTシャツやパンツ、ハット、フェイスペイントなど、

何かしらに星条旗をあしらっている人がちらほら。

ユニオン湖を眺めて食事を楽しんでいたところ、
空からダイバーが降りてきます!とのアナウンスが。
しばし空を見上げていると…

落ちてきたー!

f:id:tmikky:20150711133918j:plain f:id:tmikky:20150711133919j:plain

f:id:tmikky:20150711133937j:plain f:id:tmikky:20150711134005j:plain

しかも私たちの目の前に着地!大興奮!!

f:id:tmikky:20150711134212j:plain

いいもの見れたね~と旦那ちゃんと2人で大喜び☆

たっぷりくつろいだ私たちは、
夜に行われるメインイベント・fireworksが
よく見える場所を求めてビアガーデンから移動。
小高い丘の上にわずかながら絶好の場所を発見し、
スタンバイ完了です!

日没が近づき…

f:id:tmikky:20150711134514j:plain


夜。

f:id:tmikky:20150711135002j:plain


花火スタート間近の10時、、
なんと空からまたもダイバーが降下!しかも今度は炎とともに!!

f:id:tmikky:20150711135150j:plain
人は映らなかったー泣。
電飾をまとっているのか時折キラキラ光ってもいました


その後、国歌の音楽にのせて小さな飛行体が現れ、
星条旗をはためかせながらユニオン湖上をぐるりと一周。
ワクワクがピークに達した頃、花火が盛大に始まりました!

f:id:tmikky:20150711135708j:plain

f:id:tmikky:20150711135746j:plain

f:id:tmikky:20150711135757j:plain

f:id:tmikky:20150711135851j:plain

f:id:tmikky:20150711135933j:plain


ダウンタウンとスペースニードルの夜景をバックに、
ノリノリの洋楽に合わせて湖上に打ちあがる色とりどりの花火。
雲ひとつない澄み切った夜空で、程よく風もあり、
本当にくっきりと、鮮明に、火の花のひとつひとつを見ることができました。
また日本と違い、多くの市で花火の個人使用が禁止されているワシントン州。
それもあってか、みな一丸となって大盛り上がりしている様子も印象的でした。

興奮のfireworksはあっという間の20分で終了。
わずかな時間ながら、
本当に美しく、よく見えるべスポジで、
私たちもアメリカの記念日&花火を存分に満喫したのでした。