Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

MAIL my Seattle Life

大切な家族や友だち、そして自分へ、海を越え、時を越え、シアトルライフを綴ります

7/3 * 残念。でも充実のDrive Day

Diary

この日は金曜ながら、独立記念日の振替で旦那ちゃんお休み!
私たちは早朝からサーモンを釣り上げ、ダンジネスクラブもたくさん獲り、
夕方頃にはウハウハ気分でアパートに帰宅…
するはずでした(笑)

釣りの日の朝は決まって早く、私たちは4時半頃に起床。
眠い目をこすりつつ、合流した職場の釣り仲間1人とともに
まずMukilteoへ向かいました。
目的はもちろん、カニの大量ゲット!
鶏肉と半信半疑ながらキャットフード缶をエサに、仕掛けを投入。
夕方にはたくさんかかってるはず~と期待しつつ、
本日の大本命、サーモンの釣り場へ向けて出発しました。
目指すはMt Vernon(マウントバーノン)を流れるスカジットリバー

 

f:id:tmikky:20150711124349j:plain
川岸にはどこまでも続くような砂浜。
朝早いにも関わらず釣り人でいっぱいでした

f:id:tmikky:20150711124506j:plain f:id:tmikky:20150711124511j:plain えいやっ!

私は砂浜にビニールシートを広げ、
ガイドブックを読んだりビール&おつまみでくつろいだり、お昼寝したり。

f:id:tmikky:20150711124828j:plain むふふ


しかしまったく当たりもないまま、お昼。
炎天下で釣れる気もまったくしないため、
予定外ながら潮干狩りができそうな場所へ移動することに。
(実はこの日は大潮で、絶好の潮干狩りDAY!)
サーモン釣りは、涼しくなる夕刻に再開することにしました。

 

そんなこんなでまず向かったのが
Chuckanut(チャカナット)にある「ララビー州立公園」。

f:id:tmikky:20150711125430j:plain

f:id:tmikky:20150711125528j:plain
かわいい海鳥の姿も


ここでは何の貝も獲れずがっかりしましたが、
帰り際になって
“TOXIC SHELLFISH”、“DANGER”、“DO NOT EAT”の看板を発見。
獲れなくてむしろよかったー!と一転、安堵したのでした。危ない危ない…

場所を変え、お次は「サミッシュアイランド」。

f:id:tmikky:20150711130140j:plain
ここではバタークラムをはじめ、数個の貝が獲れました。

夕刻近くなった頃、スカジットリバーに戻りサーモン釣り再開。
しかし、鯉らしき魚が一匹かかったくらいで、
待てども待てども、サーモン特有の強い当たりはなく。。
そうこうするうち夜が迫ってきたため、泣く泣く断念。
ダンジネスちゃんはかかってるはず!とMukilteoへ戻り、
仕掛けを引き上げるも中はからっぽ。エサがつつかれた形跡もなく…。
3人、ボーゼン…。

そう、私たちはサーモンもカニも一匹もゲットできなかったのです。
朝4時半に起きて、夜10時頃までがんばったのに!です。
かなり遠くまで出かけたこともあり、
途中から「今日はドライブの日だね」と
半ば強引に自分たちを納得させていたような。。
それでもやはり、釣り好きにとっては残念な1日だったようで。
旦那ちゃんもですが、職場仲間くんの凹みっぷりがもう…

しかし、私にとってはただ残念な1日、ではなく。

ひたすらまーーっすぐ続くいなか道を走り、気分は爽快!
広い牧草地でのんびりしている牛や馬たちの眺めに癒されたり、
今にも倒れそうな木の電信柱の連なりにビックリしたり。
走行距離も費やした時間も長~い1日でしたが、
だからこそ出合えた初めての土地、見たことのない風景。

なにも釣れなかったのはもちろん残念!
だけど、充実のロングドライブになったのでした。