Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

MAIL my Seattle Life

大切な家族や友だち、そして自分へ、海を越え、時を越え、シアトルライフを綴ります

6/27 * メトロの憂鬱、心の余裕

Diary

今日の旦那ちゃんは、友だちの引越のお手伝いで不在。
天気は快晴、気になるイベントもあったので、
私はひとりメトロを乗り継ぎちょっと遠出してみました。

向かったエリアはShoreline(ショアライン)。
Shoreline Arts Festival」というイベントが開催されていました。
メトロを乗り継ぐこと3回、所要約3時間で現地に到着。

屋内では絵画や写真の展示、
そして屋外では作家さんの手作り市と、ちょっとしたコンサートが。
規模は大きくないものの、子どもから大人まで楽しめる
アットホームな雰囲気が印象的でした。

さて、ひとしきり満喫し、歩き疲れたしそろそろ帰ろうかと
バスの到着時刻を確認し、最寄りのバス停へ。
しかしアプリで調べてみると、そのバス、なんと25分遅れの予想!
当然、時間になっても来ることはなく。
同じくバス停で待っていた白髪のおばあちゃん、私に
「あなたも待ってるの?全然こないわねぇ」と一言。
「25分遅れみたいです」と伝えたつもりだけど、伝わったかなぁ。。
いろいろ考えた結果、私は少し歩いて別のバスに乗ることにしたわけですが、
なんとかバスに乗ってほっとした時、
おばあちゃん、無事バスに乗れたかなぁとちょっと心配に。
地元の人らしかったので、大丈夫とは思うのだけれど。

こんな感じでシアトルのメトロ、時間通りにいくことが珍しいです。
今回の行き帰りも、かなり遅れたと思えば早くに出発してしまうバスもあり、
乗継ぎも予定通りにはいかず、大幅に待たされました。

メトロの旅を楽しむには、心の余裕が欠かせないようです。